【最新版】キーワードプランナーの使い方とコツを抑えてライバルに勝つ方法

Googleキーワードプランナー キーワード選定
アラタツ
キーワードプランナーの使い方をマスターすればSEOが加速する!

どうも、あふぃりごとのアラタツです。

WEBサイト運営をしていると、どこかで耳にする「キーワードプランナー」という言葉。

SEOをする上で、キーワード選定に役立つらしいけど使い方がわからない、誰か詳しく教えてくれよ。とお困りではありませんか?

キーワードプランナーは本来、Googleアドワーズの検索結果に連動して広告の見直しに役立つAdWordsツールです。

キーワードの計測結果の予測、複数のキーワードを組み合わせてライバルの少ないキーワードを作る、それに広告出稿する際の入札単価がどれくらいかを知ることができます。

こうしてみると、PPCのツールのように見えますが、SEOにも全然使えます。

キーワードプランナーに登録するには

キーワードプランナーを使うには、Googleのアカウントが必要です。

もしも、まだGoogleアカウントを持っていない場合は、サクサクっとアカウントを取得しましょう。

Googleアカウント作成方法

上記のリンクから飛んで、必要事項を入力するだけでGoogleのアカウントは取得できます。

キーワードプランナーの使い方

Googleのアカウントを取得したら、Googleアドワーズにログインします。

GoogleAdWordsにログイン

ログインすると、このようなページが開きます。

キーワードプランナーの機能

まずは、上から順番に使ってみましょう。

フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」をクリックし、調べたいキーワードを「宣伝する商品やサービス」の欄に入力します。

キーワードを入力

複数のキーワードを調べたい場合は、改行して入れていきます。

ターゲット設定は「日本」その下の言語は「日本語」にしておきましょう。

次に、キーワードオプションをクリックします。

キーワードオプション

その中の「入力した語句を含む候補のみを表示」をオンにします。

オン

とりあえず、これでOKです。

「候補を取得」をクリックします。

候補を取得

候補を取得すると、以下のような画面になると思いますので、「キーワード候補」のタブをクリックしてみましょう。

広告グループ

これで、キーワードの検索ボリューム・競合性・推奨入札単価が表示されます。

結果

SEOアフィリエイターが見るのは「月間平均検索ボリューム」がメインとなります。

月間平均検索ボリュームとは、一ヶ月でどのくらいそのキーワードが検索されているかの平均値となります。

この数値を参考に、ライバルが強いのか、弱いのかを大まかに判断していくような使い方ができますよね。

競合性と入札単価の見方

推奨入札単価が高いのに競合性が低い場合は、あまりビジネスになるキーワードでないことが予測できます。

なぜなら、検索ボリュームは大きいのにPPCアフィリエイターが参入してないということは、広告を出しても売上に繋がらなかったから撤退した。ということが予測できるからです。

では、わかりやすい例として「ダイエット」というキーワードをキーワードプランナーで調べてみます。

わかり易い例

この中の「ダイエット ドリンク」というキーワードに注目してみます。

このキーワードは「ダイエット 運動」や「ダイエット 食事」などのキーワードに比べると、月間平均検索ボリュームは少ないのに競合性は高いになっています。

これはなぜかというと、購入に近いキーワード(売れやすいキーワード)だからと考えられます。

「ダイエット ドリンク」と検索する人は、何かダイエットにプラスになるドリンクを探しているという検索意図がありますよね。

そこで、ダイエットに適したドリンクを紹介するだけで成約に結びつく可能性が高いです。

一方、「ダイエット 運動」と検索する人は、何か商品を探しているわけではなく、運動で痩せたいからそのやり方(情報)を探しているという検索意図があります。

別に商品が欲しいわけじゃないんです。運動で痩せるダイエットの方法が知りたいだけなんです。

  • ダイエット ドリンク=商品を探している
  • ダイエット 運動=やり方を探している

商品を探している人に広告を出すのと、運動のやり方(情報)を探している人に広告を出すのでは、当然商品を探している人の方がモノが売れやすいですよね。

逆に、単に情報を探している人に対して売り込みをかけると嫌がられます。

つまり、PPCを出稿した時に「ダイエット ドリンク」で広告を出せば喜ばれる、でも「ダイエット 運動」で広告を出すのは嫌がられるわけです。

だから、競合性が低いになっているんですね。

このように、検索ボリュームが多ければ稼げるわけではなく、検索ユーザーの検索意図を考えてキーワードを決めていくことが大切です。

キーワードプランナーの競合性が高いからSEOも難しいとは限りません。あくまで広告の競合性を表したものです。

キーワードプランナーを活用したキーワード選定術

キーワードプランナーの使い方は簡単ですが、キーワードプランナーを使えばお宝キーワードがザクザク見つかるわけではありません。

なぜなら、キーワードプランナーを使っている人は山ほどいるわけですから、同じようなキーワードを狙っている人も山ほどいるわけです。

そこで、キーワードプランナーからヒントをもらいお宝キーワードを探していく方法(アラタツ流)をご紹介します。

アラタツ
あ、僕です。

では、次は「ニキビ」というテーマでサイトを作ると仮定してキーワード選定をしてみます。

ご存知の通り、「ニキビ」単体キーワードはビッグキーワードです。

SEOをかけようと思ったら、相当なコンテンツを積み上げていかなければならないことが予想されます。

そのためには、コツコツとロングテールキーワードを集めて、コンテンツを作っていかなければなりません。

とりあえず、キーワードプランナーを使い「ニキビ」と入力してみます。

ニキビ

しかし、ニキビと入力して出て来るキーワードは、「ニキビ ○○」のような誰にでも思いつきそうなキーワードばかりです。

それだとライバルが強くなっちゃいますよね。

アラタツ
だって、ライバルもキーワードプランナー使ってるんだから。

そこで、僕はキーワードプランナーをこんな使い方してます。

直接キーワードを打ち込むのではなく、「ランディングページ」の欄にライバルサイトのURLを入れて「候補を取得」する。

ライバルサイトを調査

ここは、本来自分のLPを入れてどんなキーワードでアクセスが来ているかを調べる機能ですが、別にライバルサイトを入れたって問題はありません。

そこで、ニキビに特化した影響力のありそうなサイトをいくつかピックアップして解析をしてみるんです。

すると、このようにライバルサイトが対策しているであろうキーワードが丸裸になります。

キーワードが丸裸
アラタツ
ポイントは影響力がありそうなサイトを選ぶってとこね。

こうしてライバルが必死でかき集めたキーワードを1つひとつ見ていくと、中には上位表示しやすそうなキーワードが見つかります。

例えば、

お宝発見

「ニキビ跡 クレーター 薬」というキーワードを実際に検索してみると、

やったね

「ニキビ跡 クレーター」でSEOを意識しているサイトは多いけど「薬」で対策しているライバルは少ないことが発見できました。

アラタツ
これならちょっと頑張れば上位表示も夢じゃないかも!

という感じに、ライバルすら対策しきれてないキーワードを簡単に見つけることができました。

このキーワードはキーワードプランナーによると100~1000アクセスは集められるキーワードなので、やらない理由はないですよね。

ちなみに、キーワードプランナーはGoogleに広告を出稿すると詳細な数字を見ることができます。

200円程度でもいいので、細かなデータを取りたい方はぜひ、広告を出してみましょう。

こちらは、広告を出したときのデータです。

月間アクセスが140程度ある

「ニキビ跡 クレーター 薬」というワードは、月間140回程度ですが、一年を通してずっと需要のあるキーワードであることがひと目でわかります。

このグラフ表示も広告を出した人だけが見ることができます。

このようなキーワードをひたすら収集していき、それらをネタに記事を書いていく感じです。

これらのロングテールキーワードは、それぞれはアクセス数が少ないかもしれませんが、それらが集合体となればサイト全体のアクセスが増えていきます。

1記事では月に100アクセスしか集めることが出来ないキーワードでも、それが100記事あれば10,000アクセス集めることができます。

さらに、100記事も書いた大型サイトであればその頃にはドメインも成長し、ある程度競合しているキーワードにも対抗できるサイトになっているはずです。

ロングテールキーワードでコツコツアクセスを集めつつ、ドメインを強くしていき、ドメインが育ってきたらミドルキーワードも狙っていけばアクセスはドカンと増えたりします。

最初から大物(ビッグ・ミドルキーワード)を狙っても、ライバルには中々勝てません。

でも、こういうやり方をすれば全然対抗できます。

アラタツ
めんどくせーって思った?そんなもんだよ。

キーワード選定についてはこちらも読んでみてください。

キーワード選定の仕方と落とし穴!SEOアフィリエイトで稼ぎたいなら必読だぜ!

2017.07.25

【お宝発掘】ライバルの少ないキーワードの探し方を詳しく教えちゃおう

2017.09.09

まとめ

キーワードプランナーは完全な答えを与えてくれるツールではありません。

与えてくれるのは気づきです。

安易にビッグキーワードだけを狙うのではなく、スモールキーワードを探していき、コツコツとアクセスを集めていきましょう。

そして、キラーページを作成し、マネタイズしていけばきっと稼げるサイトが作れるはずです。

また、ロングテールキーワードの順位チェックは必ず行いましょう。

ロングテールキーワードの探し方を具体例を交えながら解説するよ

2017.10.09
アラタツ
お金を生むキーワードが全てじゃないぜ!
こちらもクリック