【特典あり】コンテンツスカウターZの使い方とメリットとデメリットを教えるぜ

コンテンツスカウターZのレビュー
The following two tabs change content below.
アラタツ
主にサイト・ブログアフィリエイトで生計を立てているアラタツと申します。ふざけてそうでバカ真面目です。WEBコンサルタントとしても活動中で、中小企業や個人事業主さんのHP制作も承ります。アフィリサイトの制作代行もたまにします。稼げるようになったと報告をもらえるのが嬉しいです。累計報酬5000万円突破。まだまだ行きまっせ!
アラタツ
コンテンツスカウターZの魅力とかデメリットとか教えちゃうよ。

どうも!あふぃりごとのアラタツです。

先日から、コンテンツSEOを有利に進めるためのツールをシコシコと使っています。

そのツールの名は、コンテンツスカウターZ。

基本的に、SEOを行う上でツールの存在は非常に大きいですが、世の中には残念なSEOツールも多々あります。

僕は、数多のSEOツールを使ってきましたが、コンテンツスカウターZがなかなか優秀な動きをしてくれているので、今回は使い方を解説していこうと思います。

アラタツ
SEOは科学だぜ。

コンテンツスカウターZでできること

コンテンツスカウターZの画面

まず、コンテンツスカウターZがどんなツールか説明しておきます。

このツールを使えば、キーワード選定が楽になり、その上、ライバルサイトの情報を抜き出してくれます。

SEO補助ツールには、関連キーワード取得ツールや、キーワードプランナーサーチコンソールなど無料で提供されているものもありますが、コンテンツスカウターZなら無料ツールではできないこともできてしまいます。

例えば、関連キーワード取得ツールでは、複合の一階層までのキーワードを抽出することができますが、2階層、3階層までは調べることはできません。

2階層を調べるには複合キーワードをもう一度取得する必要があります。

アラタツ
ちょっと手間だよね。

また、関連キーワード取得ツールではGoogleのサジェストしか抜き出せないので、Yahooのキーワードは抜き出すには、また別のツールを使わなければなりません。

このとき、関連キーワード取得ツールでキーワードがたくさん出てきたから、Yahooのキーワード調査は面倒だからいいかとサボってしまう人は多いです。

アラタツ
そのサボりがライバルと差を付けられるんだぞ!

しかし、コンテンツスカウターZを使えば、GoogleとYahoo、YouTube、はてな、kizashiなど、あらゆるところからキーワードを引っ張ってきてくれるので、キーワードの取りこぼしが減ります。

それに、自分では思いつかないようなキーワードを発見する気づきも得ることができます。

キーワードの取りこぼしが減る

また、ツールを起動しておけば、あとはほったらかしでキーワードを抜き出してくれるので、寝る前に抽出作業を始めれば、朝にはすべてのキーワードが網羅的に揃っているという理想的な状況に持ち込めるわけです。

アラタツ
手作業だと3時間はかかるかな。

このように、ツールを使うことで時短ができるところが1つ魅力的です。

コンテンツスカウターZの機能説明

では、コンテンツスカウターZのざっくりとした機能をご紹介しましょう。

コンテンツスカウターZの4大機能
  • キーワード解析機能(お宝キーワードが見つかっちゃう)
  • 見出し解析機能(上位表示しやすいコンテンツが見れちゃう)
  • 共起語解析機能(上位表示に必要な単語が見れちゃう)
  • タグ解析機能(参入可能なジャンルかどうかわかっちゃう)
  • 順位チェック機能(自サイト&ライバルサイトの順位がわかっちゃう)
アラタツ
ほう

とりあえず、コンテンツSEOをする上で、必要な機能は一通り揃っています。

特に、キーワード解析機能では具体的にこれらの情報を取得できます。

解析中画面
キーワード解析機能
  • 月間検索数:キーワードの月間検索数
  • 推定平均CPC:キーワードの推定広告クリック単価
  • 競合度:キーワードの競合度
  • inTitle件数:キーワードの一部がページタイトルに含まれるページ数
  • allinTitle件数:キーワードのすべてがページタイトルに含まれるページ数
  • プレミアムポジション件数:広告のプレミアムポジションの数
  • 総被リンク数:総被リンク(内部リンクと外部リンク)数
  • 実被リンク数:実被リンク(外部リンク)数
  • mozRank:mozRank(MOZが独自に出しているページの評価値)
  • Page Authority:Page Authority(MOZが算出した対象ページの評価値)
  • Domain Authority:Domain Authority(MOZが算出した対象ページドメインの評価値)
  • inTitle率:検索上位のサイトのページタイトルにキーワードが入っているか
  • Index数:そのドメインのIndex数
  • ポータルサイト:上位サイトがポータルサイトなのか
  • ブログ:ブログサービスで運用されているサイトなのか
  • FBいいね数:Facebookの「いいね」数
  • はてなブックマーク数:はてなブックマーク登録数
  • 文字数:ページのテキストの文字数
  • 総単語数:ページの全単語数
  • ユニーク単語数:ページ内の重複を省いたユニークな単語数
  • キーワード含有率:文章内のキーワードの含有率
  • 読込速度:ページ読込速度
  • https:対応:SSLに対応しているサイトか
  • 更新日:ページの更新日
アラタツ
ほほう。

基本的には、これらの作業を手作業でやることは不可能ではありませんが、やろうと思うと1キーワードに対して3日~4日はかかると思います。

だったら、ツールでできることはツールに任せちゃおう!という考え方はビジネスをする上で非常に重要です。

コンテンツスカウターZを使わず無料でやる方法

ちなみに、これらの作業を手作業でやる方法もご紹介しておきます。

結構大変だよ

まあ、無料で自力でこれらの作業はできなくはありません。

しかし、結局は目視で自分でライバルサイトを上から順番に解析していく必要が出てきます。

さらに、それらのデータをまとめて保存しようと思ったら、それだけで1週間単位で時間を無駄にしかねないですね。

アラタツ
はっきり言って時間のムダ。

てか、上位10サイトの文字数をイチイチコピペして調べるだけでも発狂しそうw

ということで、コンテンツスカウターZは優秀なSEO解析ツールだということが判明しました!

お宝キーワードを見つける方法

では、次にコンテンツスカウターZを使いお宝キーワードを見つける方法をご紹介します。

コンテンツスカウターZには、「inTittle件数」と「allinTittle件数」「上位inTittle率」を調べる機能があるので、それを見るだけでお宝キーワードを見つけることができます。

お宝キーワード発見!

上図の赤枠のように、inTitleとallinTitleの数字が大きく乖離していて、上位inTitle率が低いキーワードを見つけることができれば、それだけでお宝キーワードの可能性が高いです。

この機能の手動のやり方についてはこちらで解説しています。

【超簡単】アフィリエイトで勝つためのライバルチェックのコツと手順!

2017.09.18

このように、手動では何時間、何日とかかる作業がコンテンツスカウターZを使えば3クリックでできちゃいます。

アラタツ
そう考えるとすげー便利だよね。

見出し解析機能がイチバンの選ばれる理由

コンテンツスカウターZは、月間100万PVを獲得するWEBメディアを運営しているバケモノアフィリエイター達が監修して完成したツールです。

その猛者たちも唸る機能が、見出し解析機能です。

これまでは、ライバルサイトがどのような見出しを作っているかは、自分で検索して目視していかなければなりませんでした。

アラタツ
もしくは、そもそも見てないとかね。

上位表示を達成しているバケモノアフィリエイターは、必ずライバルサイトの見出しを確認し、自分のサイトにどんな見出しを入れるかを調査しています。

なぜ、そんなことをするかというと、そうすることで上位表示の可能性がグンと上がるからです。

当然、僕もこれまで目視でライバルサイトのリサーチは行っていました。

しかし、コンテンツスカウターZを使うようになってから、見出しの構成を考える時間が大幅に削減されました。

また、この機能のおかげで、今のGoogleが好む「網羅性」のある記事を簡単に作ることが出来るようにもなりました。

やり方としては、上位10~20サイトの見出しをすべて抜き出し、メモ帳などにコピペし、ライバルサイトが書いていて、且つユーザーが求めているであろうコンテンツのみを抽出し、1つのコンテンツに仕上げていく感じです。

これができるようになると、今までなかなか上位表示しなかったコンテンツのテコ入れも容易になりますし、リサーチ時間が大幅にカットできます。

アラタツ
つまり、上位表示しやすい記事が書けるようになるってことだね!

これも便利!ライバルサイトのタグ解析!

コンテンツスカウターZの便利な機能にタグ解析があります。

これは、ライバルサイトに埋め込まれているアフィリエイトリンクやアクセス解析タグなどを抜き出してくれる機能です。

タグ解析

これのおかげで、

タグ解析機能
  • アドセンス広告を掲載しているか
  • アフィリエイトリンクを設置しているか
  • Googleアナリティクスを利用しているか
  • Yahoo!アクセスを利用しているか
  • Google・Yahoo!のリタゲタグを設置しているか
  • フェイスブック広告のタグを設置しているか
  • リサーチアルチザンを利用しているか

がわかります。

これを見るだけで、ライバルサイトがどこでマネタイズしているかが一発でわかりますし、Googleアナリティクスを使っているかいないかがわかれば、そのライバルがしっかりとデータを取っている人間かどうかもわかります。

アラタツ
GA使ってねーなら大した事なさそうだな、とかw

共起語がわかれば上位表示の道が拓ける!

最近のGoogleの動向をきちんとチェックしている人なら、共起語が今のSEOにどれだけ重要な要素かはご存知だと思います。

断言できますが、今のSEOには共起語を入れる作業は必須です。

そして、共起語から検索ユーザーの検索意図を把握することで、質の高いコンテンツを提供する意識が大切です。

コンテンツスカウターZを使えば、その共起語も抽出しくれます。

共起語

僕も、検索20位くらいをうろちょろしていたサイトのトップページの共起語を調べ、文章内に共起語を組み込むだけで1ページ目まで順位を上げたことがあります。

それまでは、無料の共起語ツールを使っていましたが、コンテンツスカウターZを使うようになってからは、1つのツールですべてのリサーチが終わるので、これまた時短につながっています。

アラタツ
リサーチは面倒だけど、やらなきゃ勝てない!

だからこそ時短が大事!

このような便利な機能がコンテンツスカウターZにはあります。

SEOを加速させる共起語の重要性とツールを使ったコンテンツの作り方

2018.02.25

コンテンツスカウターZのイマイチなところ

さてさて、ここまでコンテンツスカウターZの便利な機能をお伝えしてきました。

確かに、便利なツールではありますが、100点満点かと言われるとそうは言えないのが現状です。

そのちょっと気になるところを挙げてみます。

ツールをブラウザ上で使えないこと

僕は、プログラマーじゃないので難しいことを言っているのかもしれませんが、できればブラウザ上でこのツールを使えたら良かったな~と思っています。

コンテンツスカウターZは、パソコンにインストールして動作するツールなので、出張先で使うことができません。

アラタツ
まあ、ノートPCに入れれば使えるんだけど。。。

一応、認証でいつでもパソコンは移動できるのですが、その作業をするのが手間なんですよね。

もし、コンテンツスカウターZがブラウザ上で動くツールなら、間違いなく満足度は上がったと思います。

デザインにもう飽きたw

コンテンツスカウターZは、Catch the Webという会社が開発したツールです。

Catch the Webが出しているツールは他にもキーワードスカウター、コンパス、パンドラ2などがあります。

コンパス画面
アラタツ
これが前作のコンパス
コンスカZ
アラタツ
これがコンテンツスカウターZ

僕は、これまでこれらすべてのツールを使ってきました。

正直、ロゴ以外のデザインがほぼ同じなので、新しいものを使っている感がまったくないのが不満点です。

もちろん、機能が違うのはわかっているのですが、なんか新鮮味に欠ける感じです。

共起語の精度が物足りない

共起語の精度

コンテンツスカウターZには、共起語の抽出機能もあると言いましたが、この精度をもう少し上げてほしいなと思っています。

もちろん、抜き出すことはできているのですが、「し」とか「ー」とか単語として成り立ってない文字が結構目立ちます。

無料の共起語ツールよりは精度は高いとは思うのですが、ここをもう少し改善してくれたら言うことなしかなと思います。

月額制は悪いことではないと思う

コンテンツスカウターZは、買い切りのツールではなく月額料金がかかるツールです。

それだけ聞くと「え~買い切りのほうがいいじゃ~ん。」と思うかもしれませんが、月額料金にはメリットもあります。

それは、Googleのアップデートに対応できるということです。

買い切りのツールの場合は、売りっぱなしになるのでどうしても仕様変更に使える予算が限られてしまいます。

Googleは常にアップデートを繰り返しているので、仕様変更があった場合、ツールの仕様もその都度変更していかなければなりません。

なので、月額料金にして開発費をかけれる状態を維持しておくことは長い目で見れば大切です。

買い切りのアップデートの保証がないツールか、月額制のアップデートに対応するツールか、どちらを選ぶほうがいいかと言えば、当然後者にはなります。

アラタツ
それに、何かあったときにも言いやすいよね(笑)

コンテンツスカウターZの特典について

あふぃりごと経由でコンテンツスカウターZを購入してくださった方には、あふぃりごとオリジナル特典をお付けしています。

コンテンツスカウターZには

コンテンツスカウターZの購入特典
  • 60日間のメールサポート
  • あなたのサイトのSEO診断
  • シリウスの理想のサイト構造マニュアル
  • 動くアバター2体

をお付けしています。

非常にいい特典を付けることができたなと思っていますので、もしこのツールに興味があるよって方は、ぜひあふぃりごとから買ってみてください。

特典付き購入はこちら

まとめ

コンテンツスカウターZは、今後のSEOに必須とも言っていい機能が充実している最新のSEOツールだと思います。

何点か不満の残る点もありましたが、総合的に見れば使えるツールであることは間違いありません。

価格面で見ても月額2,480円とSEOツールの月額料金にしては安い方です。

アラタツ
今ならソフト本体代とライセンス費用が0円だしね。

通常、このレベルの機能が付いているSEOツールは月額3万とかが一般的なので、それを考えれば月額料金がかかるとは言え、かなりコスパはいいと思っています。

以前であれば、コンテンツよりも被リンクを重視したSEO対策だったので被リンクツールが流行っていましたが、今はもう使えません。

【外部SEO】被リンクを自然に獲得し増やす方法(リンクビルディング)

2017.11.29

ライバルサイトを分析して、コンテンツを強化していくためには、このようなツールを1つインストールしておくことでリサーチやコンテンツ作成にかける時間が短縮できます。

もちろん、手作業ですべてやるという選択肢もありますが、そんなダサいことやるよりもツールでスイスイとライバルに差をつける方がおしゃれです。

アラタツ
ドラゴンボールのスカウターのように敵を分析しよう!

ドラゴンレーダーも欲しい!

コンテンツスカウターZのレビュー

アフィリエイトで稼ぐためのノウハウを詰め込んだE-BOOKを無料でプレゼントします!

あなたは、今の本業の収入だけで満足していますか?

もしも、満足していないならアフィリエイトというビジネスを副業で始めてみてはいかがでしょう?

でも、アフィリエイトってどうやるの?という方に無料から始める方法を詰め込んだ無料マニュアルをご用意しました。

正直言って有料級のE-BOOKですので、ぜひ今のうちに手に入れてみてください。


3 件のコメント

  • こんにちは、ひろやんです。

    昨日、アラタツさんから「コンスカ」買いました!
    っていうか、買いきりじゃないけど・・・

    でも、機能がヤバいですし、2,480円は破格です。
    アラタツさんが言う通り、グーグルのアップデートを考えると月額制の方が良いかと思います。

    管理画面は、飽きた・・・イヤイヤ使い慣れてるからOK(^o^;)

    ネーミングセンスが最高ですよね。スカウターって聞くだけで、え!って思っちゃいます。

    • ひろやんさん!ありがとうございます!!
      コンスカは最近、かなりコンテンツ作成に役立っています^^
      ガシガシ使い込んで良いコンテンツ作りましょう!
      管理画面は使い慣れてるからという意見も若干同意ですww
      これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    アラタツ

    主にサイト・ブログアフィリエイトで生計を立てているアラタツと申します。ふざけてそうでバカ真面目です。WEBコンサルタントとしても活動中で、中小企業や個人事業主さんのHP制作も承ります。アフィリサイトの制作代行もたまにします。稼げるようになったと報告をもらえるのが嬉しいです。累計報酬5000万円突破。まだまだ行きまっせ!